【2020年】無料で使えるWEB解析・SEOツール

こんにちは!WEB HACKです。
今日もWEB HACKを見てくださり、ありがとうございます!

無料で使えるWEB解析・SEOツールをご紹介したいと思います。

WEBサイトを解析したい、SEOをやってみたい、でも何のツールをどうやって使えばいいのかわからない…。
そんな方々が始めやすいツールをピックアップしています。

ぜひ使ってみてくださいね!

① Googleアナリティクス:Webサイト解析ツール

活用Point

  • KPIのページや読まれてほしいページがどれくらい見られているか確認
  • 見られてほしいページに行くまでにユーザーがどのようにサイト内を回遊しているのかを確認し、離脱が極端に多いページがあれば改善したり、逆に意外にPV数が多かったページをUI/UXの改善ヒントにする
  • 広告効果の確認

Googleが提供するWebサイトの解析ツールです。

サイトへのアクセス数や流入経路、サイト内行動などを分析できます。
これらのデータを取り、データから改善点を見つけて改善することで、アクセス数の向上を目指します。

また、広告を打ったり改善した後に効果を確認する時にも利用できます。

サイト分析・改善においてはマストのツールで、企業サイトの解析ツールとしても一般的に利用されています。
利用者が多いので、日本語でのチュートリアルも豊富なので、使い方が分からなくなった時も安心です。

② Googleトレンド:キーワードのトレンドを調べる

活用Point

  • WEB上でのユーザーの検索ニーズやトレンド傾向を把握してコンテンツ作成や最適化する
  • 一時的に検索ニーズが上がったワードの検索ニーズが上がった要因のヒントになる情報を知ることができる

Googleが提供する無料のキーワード検索ツールで、世界の検索トレンドを調べることができます。

人気急上昇キーワードや特定のキーワードの検索回数、該当キーワードを検索するユーザーが検索する他の人気キーワードなど、キーワードに関するデータを確認できます。

③ Googleサーチコンソール:SEO診断ツール

活用Point

  • 流入したキーワードからサイトのユーザーニーズを推測してコンテンツ作成に活かし、流入数を増やす。
  • サイト不具合を改善してGoogleに評価されやすい土壌を作ることでSEOに強いサイト作りをする

Googleが提供する無料のSEOツール。

流入した時の検索ワード、Googleへのインデックスリクエストサイトの不具合などのサイト運営やSEOに関わることを簡単にチェックすることができます。

④ Ubersuggest:キーワード調査ツール

活用Point

  • 検索ボリューム、SEO難易度から、キーワードの需要とSEOのライバルの有無を判断し、コンテンツ作成に活かす。
  • クリック単価からリスティング広告の出稿を検討する
  • キーワード候補をコンテンツ作成の参考にする

指定したキーワードに関する情報をチェックできるツールです。
検索ボリューム、SEO・有料の難易度、クリック単価、キーワード候補などを調べられます。

⑤ GRC: SEO検索順位ランキングチェックツール

活用Point

  • 検索順位を把握して、ユーザー数への影響を把握する

検索順位をチェックするツールです。
サイトと計測したいキーワードを登録すると毎日の順位を計測できます。

類似のツールはいくつかありますが、その中でも登録できるキーワードとURLの数が多く、リーズナブルです。

低価格ながらも性能の高さに定評があり、多くの企業でも導入されています。

⑥Similar Web:他サイトの解析ツール

活用Point

  • 競合サイトの分析をして戦略を把握し、自社サイトの運営に役立てる
  • クライアントへの提案のために事前にサイト解析する

URLを入力するだけでサイトのアクセス解析ができるツール。

競合サイトの分析によく利用され、アクセス数、滞在時間、直帰率、競合サイト、出稿しているデジタル広告などが確認できます。

海外製のツールですが、日本語版があり、使いやすいUIなので安心して使えます。
有料プランもありますが、無料プランでも十分活用できます。

⑦Ghostory:他サイトの設置タグを調べる

活用Point

  • 新しいツールを知り、自社サイトにも応用する

本来の機能は広告ブロックなどですが、競合サイトに組み込まれているマーケティングツールを調べることにも利用できるツールです。

競合サイトのアクセス解析ツール、SNSプラグイン、広告配信ツールなどを調べることができます。