できること

  • ラフスケッチ 編集 実験

    セッションビューでは、タイムラインの制約にとらわれることなく音楽のアイデアを自由に組み合わせることができます。アイデアを一瞬で形にできるセッションビューは即興演奏の場として理想的です。異なる長さのオーディオ・ループやMIDIイベントを好きな組み合わせで再生できます。音楽を停止する必要はありません。

  • 細かな編集

    アレンジメントビューでは、タイムラインに沿って音楽を編集します。パートを納得いくまで編集して、自分の楽曲のセクションを構築可能です。アイデアをいちから膨らませていくときや、フルトラック1曲をアレンジするときなど、どんな状況でも制作の最終目標を忘れることなく細かな編集を行うことができます。セッションビューでレコーディングした作業はすべてアレンジメントビューで確認できるので、状況に合った制作方法で楽曲を仕上げられます。

  • アイデアをLiveで形にする

    思いついたアイデアがどんなものでも、それを形にする方法がLiveには備わっています。ハードウェア・シンセ、ソフトウェア・プラグイン、ドラムマシン、ギターなど、この世に存在するあらゆる音をレコーディングすることができます。新機能のCapture MIDIを使えば、演奏後のMIDIノートを取り込めるので、ふとした瞬間に思いついたアイデアや偶発的な演奏から音楽を作り込んでいくことができます。ほかにもLiveにはオーディオクリップから音情報をMIDIクリップに抽出する機能が備わっています。ドラムブレイク、メロディ、ハーモニーパートなどをMIDIパターンに変換すれば、MIDIのパラメーターを編集したり、同じMIDIパターンで別の音を鳴らすことができます。

  • テンポの異なるサウンドでもOK

    Liveでスムーズな音楽制作を行える理由として、「ワーピング」という機能が挙げられます。これにより、音楽を停止することなく、あらゆるオーディオのテンポやタイミングをリアルタイムで変更することができます。テンポの異なるループを組み合わせたり、レコーディングしたパフォーマンスのタイミングのずれを修正したり、オーディオをまったく異なるサウンドデザインに作り変えたりすることも可能です。

  • 独自のサウンドを構築するインストゥルメント

    Liveのサウンドデザインの基盤となる内蔵デバイスには、Wavetable、FM、フィジカルモデリングといったシンセエンジンが含まれています。直感的に操作可能なインターフェースを採用した柔軟なシンセデザインにより、複雑な音作りが身近になりました。2基のサンプリングインストゥルメントを使えば、スライス、ワーピング、マルチサンプル・プレイバックなどの便利な内蔵機能により、サンプル音源をさらに活用できます。

  • さまざまな用途に使えるエフェクト

    Liveには、アイデアを膨らませて音作りを行うのに欠かせないエフェクトが搭載されています。MIDIエフェクトを使えば楽曲を独創的に操作することができます。自分の望む音を作るときはオーディオエフェクトが便利です。アナログモデル・ノイズ、ディストーション、サチュレーションといった荒々しいサウンドを生み出すタイプから、ミックスをきれいに整える精密なツールまで、さまざまなエフェクトがそろっています。

  • サウンドセレクション

    Liveには、あらゆるタイプの音楽制作に使える音源が内蔵されています。Liveの全エディションに含まれているCore Libraryには、ビンテージシンセ、アナログ・ドラムマシン、マルチサンプル・ドラム、エレクトリックピアノのほか、さまざまな楽器音からなる豊富な音源が収められています。特定のテーマに沿ってサウンドを厳選したCurated Collectionsも搭載し、Instrument Racks、クリップ、サンプルなどを使って新しい音へ作り変えていくこと可能です。

  • Liveの「演奏」を可能にするPush

    実践的にLiveを使うときにうってつけなのが、ハードウェア・コントローラーのPushです。ビートの打ち込みやメロディの演奏はもちろん、サンプルのスライスや音作りも可能。PCを操作することなく、音楽をミックスして1曲のトラックに仕上げられます。アップデートごとに新機能が追加され、LiveとPushのさらなる一体化が進んでいます。

  • iOSアプリから自作のLiveセットをエクスポート

    さまざまなiOSアプリに搭載されている新しいLiveセットのエクスポート機能を使用すれば、いつでもどこでもアイデアを素早くキャプチャし、Liveに取り込むことができます。

料金プラン

  • Intro
  • JPY 10,800
  • 【主な機能】
    16 x オーディオ/MIDIトラック
    8 x シーン
    2 x センド/リターン・トラック
    8 x モノ・オーディオ入力チャンネル
    8 x モノ・オーディオ出力チャンネル
    Capture MIDI
    Complexワープモード
  • Standard
  • JPY 48,800
  • 【主な機能】
    オーディオおよびMIDIトラック数無制限
    シーン数無制限
    12 x センド/リターン・トラック
    256 x モノ・オーディオ入力チャンネル
    256 x モノ・オーディオ出力チャンネル
    Capture MIDI
    Complexワープモード
    オーディオのスライシング
    オーディオをMIDIに変換
  • Suite
  • JPY 80,800
  • 【主な機能】
    オーディオおよびMIDIトラック数無制限
    シーン数無制限
    12 x センド/リターン・トラック
    256 x モノ・オーディオ入力チャンネル
    256 x モノ・オーディオ出力チャンネル
    Capture MIDI
    Complexワープモード
    オーディオのスライシング
    オーディオをMIDIに変換
    Max for Live

※プランの内容は変更されることがあります。最新のプラン内容と価格は公式サイトをご確認ください。

https://www.ableton.com/ja/shop/live/