できること

  • 自分の作品が、拡張現実の世界で登場

    コンテンツを取り込むと、すぐに拡張現実の世界で表示きます。

    PhotoshopやIllustratorで作成した3Dモデル、写真、レイヤーファイルなどの2Dコンテンツや、スマホやパソコンの画像、Creative Cloudファイルの画像の取り込みが簡単。

    アセットの取り込み:MayaやCinema 4Dなどのサードパーティーアプリで作成したアセットも取り込み可能。
    アセットの最適化:慣れた動作でアセットを回転、拡大・縮小、移動し、AR世界の環境向けに最適化できます。

  • デベロッパーでなくても使いやすい

    開発者の手を借りることなくインタラクティブなユーザー体験を作成できます。

    コンテンツに動作を適用:見る人を惹きつけるようなトリガーとアクションの組み合わせを作りましょう。

    モーションを追加:スマホを使って、オブジェクトのモーションパスを描けます。
    プレビューモード:AR体験を見る人に編集内容がどう映り、感じられるかをすぐに確認できます。アセットのインタラクションや配置が、シーンの魅力にどの程度寄与するかをテストしましょう。

  • 共有が簡単

    デザインが完成したときや、他の共同制作者からフィードバックも得たいときは、様々な形式でファイルを共有して簡単に表示できます。作品のビデオやスナップショットを撮って共有し、フィードバックをすばやく反映しましょう。

    共有リンク:リンクを送信すると、他のユーザーはAeroで作成した内容を自分のデバイスを使って閲覧モードで操作できます。
    書き出しと投稿:サードパーティーアプリに埋め込み可能なファイルを書き出すか、「#AdobeAero」のハッシュタグを付けて、SNSでプロジェクトを映像として投稿しましょう。

料金プラン

無料
※アプリ内課金あり
※プランの内容は変更されることがあります。最新のプラン内容と価格は公式サイトをご確認ください。