できること

テスト1

  • マルチチャネルデータの収集

    Adobe Analyticsでは、様々な方法であらゆるソース(webサイト、電子メール、キャンペーン、webベースのキオスク、モバイルデバイス、クライアントサーバーアプリケーションおよびインターネットにアクセスできるほとんどのアプリケーション)のデータを収集できます。

  • カスタム変数

    webやモバイルアプリのデータを収集し、データドリブン型の意思決定に活かしたり、ビジネス目標にマッピングしたりできます。

  • 独自の処理ルール

    アドビのサーバー側でレポート変数の処理および収集をおこなう手法と、訪問者のセグメント化ルールを定義する手法により、サイトで複雑なルールを作成しなくても、あらゆるオンラインデータをリアルタイムでセグメント化できます。

  • オフラインデータの統合

    CRMシステムなどの他のソースからオンラインまたはオフラインの企業データ(ロイヤルティプログラムのレベルなど)をインポートして統合し、分析用のディメンションとして追加できます。

  • タグ管理

    Adobe Experience Platform Launchでは、容易にタグを管理し、デジタルマーケティングシステム全体でデータを収集、配信できる革新的なツールを利用できます。

  • データウェアハウスとデータフィード

    記憶領域の拡張、データの再処理、レポート機能によって、データウェアハウスの顧客データを活用できます。データフィードによって、毎日または毎時間、定期的に生データをバッチ化して配信できます。

  • Analytics for Audio

    顧客のデジタルオーディオエクスペリエンスに対する理解を深めましょう。Analytics for Audioを使用すれば、再生されている音声コンテンツとユーザー、コンテンツ変更の理由、再生履歴などを確認できます。それにより、デジタルオーディオコンテンツのリーチを拡大したり、ユーザーの興味を最大化したりできます。

  • Analytics for Video

    デュレーション、停止、開始の詳細をほぼリアルタイムで取得し、動画の指標を評価したり、組み合わせて分析します。これにより、顧客の視聴習慣を理解し、高度にパーソナライズされたレコメンデーションを提示してつながりを深めたりするためのインサイトを獲得します。

  • 高度な計算指標

    計算指標を利用すると、複数の指標を連結して数学演算や統計演算を作成し、その演算を新しい指標として使用できます。これらの指標はセグメント化し、指標を追加する各種レポートで利用できます。

  • 高度なセグメント化

    アドビのセグメントIQ機能では、あらゆる指標とディメンションを自動的に分析することにより、セグメント間の統計的に最も有意性の大きい差異を、セグメント数の制限なしに特定できます。自社のKPIを左右する重要なセグメント特性が自動的に見つかります。

  • Ad Hoc Analysis

    Analysis Workspaceを利用すれば、カスタム分析プロジェクトの構築に役立つ、堅牢性と柔軟性に優れた環境が得られます。データテーブル、ビジュアライゼーション、各種コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメント、時間粒度)を、何個でもプロジェクトにドラッグ&ドロップできます。

  • コホート分析

    特徴が共通する顧客のグループを作成して推移を比較し、重要なトレンドを見つけて分析できます。

  • クロスデバイス分析

    クロスデバイス分析は、アプリとwebのデータを一元化し、カスタマージャーニーをより詳細に理解するのに役立ちます。

  • カスタマージャーニー分析

    強力なアナリティクスツールキットを利用して、ビジネスインテリジェンスやデータサイエンスチームを強化し、クロスチャネルのデータを統合および分析できます。

  • フロー分析

    フロー分析を利用すると、カスタマージャーニーを可視化し、アプリやサイトを利用している顧客が次の段階に進んだ箇所や、離脱した箇所を把握できます。

  • マーケティングアトリビューション

    複数のルールベースの手法とアルゴリズムを組み合わせたアトリビューションによって、顧客行動を効果的に分析できます。これにより、顧客の実際のインタラクションパターンにもとづいてチャネルごとに最適なモデルが構築されます。

  • 異常値検出

    統計モデリングと機械学習により、データ内の予期しない異常値を自動的に見つけ出します。膨大な量のデータを詳細に分析し、ビジネスに影響する要因を直ちに特定します。

  • 貢献度分析

    データ内の隠れたパターンを発見して統計的な異常値の原因を明らかにし、顧客の予期しない行動、範囲外の値、指標の急上昇や急下降の背後にある相関関係を、オーディエンスセグメントをまたいで特定できます。

  • インテリジェントアラート

    データの異常値にもとづくアラートや、ひとつのアラートで複数の指標を示す「積み重ね」アラートを作成、管理できます。

  • リアルタイム可視化

    Adobe Analyticsのライブストリーム機能を利用すると、ヒットレベルの未処理データのリアルタイムストリームを秒単位で取得できます。

  • 共有オーディエンス

    あらゆる行動をもとにオーディエンスセグメントを作成および管理できるほか、そのオーディエンスセグメントをAdobe Experience Cloudと容易に共有し、他のAdobe Experience Cloud製品で利用できます。

  • オーディエンス分析

    Adobe AnalyticsとAdobe Audience Manager(DMP)の統合により、デモグラフィック情報、サイコグラフィック情報、CRMデータ、広告インプレッションデータなどのオーディエンスデータを任意のAnalyticsワークフローに組み込むことができます。

  • 広告分析

    Google AdWords、Yahoo、Bingなどの検索エンジンからインプレッション数、クリック数、コスト、位置、品質の各スコアを容易にインポートできます。これらのトラフィックや費用の指標を、Adobe Analyticsでサイト側のエンゲージメントやリアルタイムコンバージョンに関連付けることが可能です。

  • リマーケティングトリガー

    効果的なトリガーのセットを利用することで、主な消費者行動を識別、定義および監視して、ソリューションを横断するコミュニケーション(電子メールなど)を生み出し、訪問者に再アピールできます。

  • モバイルマーケティング

    顧客の獲得、エンゲージメント、維持を実現するための分析対応アプリのマーケティングツールキットで、プッシュ通知、アプリ内メッセージ、優れた位置情報モニタリング、ジオフェンシング、アプリ入手経路の追跡やディープリンクを利用できます。

  • サードパーティとの連携

    データコネクタでは、事前設定されたAPI接続とドラッグ&ドロップUIを利用してAdobe Analyticsとサードパーティアプリケーションを統合できます。

料金プラン

  • Select
  • 価格:要問合せ
  • 【主な機能】
    ・Analysis Workspaceでの柔軟な分析
    ・ルールベースのアトリビューション
    ・オフラインデータの統合:3
    ・その他の予測ツール:別途ご購入
    ・アルゴリズムアトリビューション:別途ご購入
  • Prime
  • 価格:要問合せ
  • 【主な機能】
    ・Analysis Workspaceでの柔軟な分析
    ・ルールベースのアトリビューション
    ・オフラインデータの統合:15
    ・セグメントIQによる高度なセグメンテーション
    ・異常値検出
    ・貢献度分析:10トークン(実行数)
    ・その他の予測ツール:別途ご購入
    ・アルゴリズムアトリビューション:別途ご購入
  • Ultimate
  • 価格:要問合せ
  • 【主な機能】
    ・Analysis Workspaceでの柔軟な分析
    ・ルールベースのアトリビューション
    ・オフラインデータの統合:200
    ・セグメントIQによる高度なセグメンテーション
    ・異常値検出
    ・貢献度分析:20トークン(実行数)
    ・その他の予測ツール:別途ご購入
    ・アルゴリズムアトリビューション:別途ご購入

※プランの内容は変更されることがあります。最新のプラン内容と価格は公式サイトをご確認ください。