ガソリン車のCO2排出ガス規制、罰金が経営を悪化

2021年からヨーロッパで自動車の排ガス規制が導入となります。世界の主要ガソリン車メーカー13社は目標を達成できず総額1.8兆円の罰金を科せられるかもしれません。

各社は罰金を払うか、テスラのような電気自動車メーカーから排出枠を買うなどをしなければなりません。

高い環境技術をもてるかどうかが企業のコスト競争力に直結してきています。

EUは2021年から「CAFE規制」という自動車向けの排ガス規制を本格的に施行します。域内で販売したすべての車種を対象に、メーカーごとに走行1キロあたりの二化炭素排出量を2015年の目標値に比べて約3割少ない95グラムに減らすことを義務付けます。

フォルクスワーゲンは21年の平均排出量が109・3グラムに上り、約45億ユーロの罰金を科される可能性があります。2019年の営業利益の4分の1が吹き飛ぶ計算になります。

トヨタ自動車は平均95・1グラムの排出量で済むが、販売台数が多いので罰金額は約22億円となります。

日産自動車は、3社連合として、約1300億円の罰金となります。

罰金を支払う以外の選択肢として、排出枠の活用で、基準を超えたメーカーは基準以下に排出をとどめたメーカーから枠として購入できます。安く枠を調達することができれば、罰金よりも少なくて済む可能性があります。

フィアット・クライスラー・オートモービルズやゼネラル・モーターズは、テスラから枠購入を決めました。テスラは4億2800万ドル(約453億円)の排出枠の販売額を計上しました。

ガソリン車メーカーは、経営悪化や雇用減を招くとして規制に反発しています。