QRコードで税金が払える時代へ

スマホでQRコードを読み取って、税金を自宅で支払うことができるようになるそうです。

全国銀行協会が全自治体の納付書に印刷するQRコードの企画について検討を始めました。スマホ決済各社のサービスで利用できるようになります。

対象は地方自治体が扱う住民税、固定資産税、自動車税です。

決済アプリを立ち上げ、QRコードを読み込むと、納付額がわかって、納税ができるようになります。

納税のために、銀行やコンビニに行く必要がなくなります。入金したデータは自治体のシステムにすぐ反映されるので、紙による管理や確認が不要になります。

早ければ2022年に全国への導入を目指します。全銀協と総務省が本格的な競技に入りました。

まずは、「Bank Pay」を使い、21年度にも一部の自治体が先行して活用するそうです。その後、他の決済サービスにも利用してもらいます。

QRコードの場合、すでに一部のスマホ納税で使われるバーコードより情報量が多いので、1つの規格で多様な税金や公金、高額の支払いに使えます。