About

ご存じでしたか?現在国内外で出版されている楽譜のほとんどがフィナーレを使って制作されています。

1989年の登場から常に制作現場のスタンダードとしてたゆまぬ進化を遂げてきた最高峰の楽譜作成ソフトウェアFinaleと、その機能性/柔軟性を受け継ぎながら用途を絞り込むことにより高いコストパフォーマンスを実現するライト版製品もラインアップしています。

ジャンルを問わずあらゆる種類の楽譜を柔軟に記譜し印刷することができるフィナーレ。そのクオリティを手に入れてください。

  • 創作に集中できる

    小節の移動や調号の変更、その他さまざまな編集が一瞬のうちに。想像し得るあらゆる要素の記譜、編曲、仕上げ、印刷ができます。そのうえFinaleには、自動的にドラム・グルーヴをつけたり、演奏可能音域を超えているときに通知するなど、あなたの創作活動をアシストする数々の機能も備えています。

  • 最新の音源で楽譜を奏でる

    Finaleでは、”Garritan Personal Orchestra”を始めとしたGarritanシリーズのプレミアム音源から、世界に認められた選りすぐりの楽器サウンドをお楽しみいただけます。

    さらに、MIDIキーボードやマウスで音符を入力した場合でも、Finale独自のHuman Playback機能によって、生演奏のように感情豊かでフレージングを踏まえた、ニュアンスに富んだ演奏が実現されます。

  • プリント、そしてシェア

    Finaleでは、異なる楽譜作成ソフトウェア間でのデータ交換を可能にするMusicXMLファイル、音源としてCDに焼けるオーディオ・ファイルをはじめとして、作品を共有するための多くのファイル保存形式を選ぶことができます。