CRMとは

Customer Relationship Management の略で、「顧客関係管理」の意味です。

大塚商会さんのサイトの説明がとてもわかりやすいので、引用しますね。

顧客の情報を収集・分析して、最適で効率的なアプローチを行い、自社の商品やサービスの競争力を高める経営手法のこと。
顧客と接する機会のあるすべての部門で、顧客情報とコンタクト履歴を共有・管理することで、問い合わせやトラブルに対応できます。

CRMの目的は、顧客の情報を一元管理することで、顧客と密接でより良い関係を構築し、顧客の満足度を上げることです。
その結果、商品やサービスの購買に結びつくことが予想され、売り上げアップにつなげます。

つまり、顧客との良好な関係を維持するための施策・ツールのことです。

具体的にどんなことをするのかは、ユーチューブを見てください。