About

Redmineはプロジェクト管理ができるオープンソースソフトウェアです。やるべき作業を記録・管理したり社内で情報共有ができます。例えば、チームでシステム開発を進める場合に誰がいつまでに何をやるのか、現在どのくらい進んでいるのかをRedmineに記録することで進捗状況を明らかにし計画通りに進むよう支援します。

  • チケット

    Redmineで一番よく使われているやるべきことを記録・表示する機能です。Redmineではやるべきことの一つ一つを「チケット」と呼びます。チケットは一覧、ガントチャート、カレンダー、ロードマップなどの形式で表示することができます。

  • チケット一覧

    登録したチケットの一覧を表示します。
    フィルタで条件を設定すれば、現在自分が担当しているチケットを絞り込むことができます。

  • ガントチャート

    チケットに登録された開始日・期日・進捗率のデータをもとにガントチャートを自動描画します。

  • カレンダー

    チケットに登録された開始日・期日のデータをもとにカレンダーでチケットを表示します。

  • ロードマップ

    マイルストーンごとにチケットを分類して表示します。

  • Wiki

    手順書や技術的なメモ、打ち合わせメモなどを作成しチーム内で共有しながら更新します。

  • リポジトリ

    SubversionやGitなどのバージョン管理ツールと連携し、コミットの履歴やリポジトリ内のファイルの内容などが参照できます。

  • ニュース

    メンバー全員へのお知らせを掲載します。

Points

世界的に認知度の高いプロジェクト管理ツールです。

オープンソースで無料で使え、機能面でも他のソフトウェアに引けを取らない点が最大の特徴で、エンジニア向けのツールとしてよく利用されています。

ただしサポートの提供はなく、問題があった場合は利用者同士で情報交換をするコミュニティを利用して自身で解決する必要があります。

Price

無料

※プランの内容は変更されることがあります。最新のプラン内容と価格は公式サイトをご確認ください。